解体工事の種類について

建て替えのために行う解体工事、アパートやマンション、ビルの解体工事、テナントの内装解体工事、そして駐車場を作るための解体工事があります。

解体工事の種類について

解体工事には、建て替えのための解体工事、アパートやマンション、ビルのための解体工事、そしてテナントの内装のための解体工事、また駐車場を作るための解体工事など様々な種類があります。

まず建て替えのための解体工事についてですが、これは古くなった家を建て替えるためのものです。

この際もしハウスメーカーや工務店に解体工事をお願いすると、下請けの解体業者に発注するという形になり、仲介料が発生します。

それで解体工事は自分で直接解体業者に依頼すると、コストの面でも仕事の質の面でもメリットが大きいでしょう。

次にアパートの解体工事についてですが、これは戸建て住宅の解体とは異なり、特定建設作業の届が必要になります。

大掛かりで細かい作業が発生します。

テナントの内装解体工事は、事務所や店舗などのテナント物件を引き払う際に行います。

周りのテナントや管理会社の方針を考慮しながら行わなければなりません。

そして最後に駐車場を作るための工事ですが、多くの場合、解体業者は解体プラス駐車場施工も可能なので一緒に依頼することができるでしょう。

◆参考サイト》》安心の解体工事の窓口

このエントリーをはてなブックマークに追加
解体工事情報マトメ Copyright (C) www.themayhaws.com. All Rights Reserved.